斜張橋の調査状況

 全 景

斜張橋では、重要なケーブルを上面から見るために付設の梯子を利用して上まで登ります。
もちろんこの時も2点確保を忘れません。

雨が当たるケーブルの上面から変状が多いようです。変状のところをチョークで記入し写真に残します。

重要なケーブルを入念に目視します。

近接目視でここまで見る事が出来ます。

ケーブル下定着部:腐食、ボルトのゆるみがないか確認

主塔の調査:疲労亀裂、腐食、ボルトの脱落や緩みを見ます。

主塔の定着部も忘れずに!

床版下の調査:疲労亀裂、ボルトの変状、腐食などを見ます。

 下部構造調査

下部構造の調査:主塔を支えている橋脚も大事な部分。
亀裂やうき・剥離、漏水がないかを見ます。

 

斜張橋は、
・鋼材に疲労亀裂がないかどうか
・橋脚などの下部構造に大きなひび割れがないかどうか
・ケーブルに腐食・変状がないか
            を考慮して調査します。