グリーンレーザースキャナを搭載したUAVでの測量、ロープアクセス技術を用いた点検調査を行っています。

グリーンレーザ計測実証実験

グリーンレーザ実証実験を行ってきました。

1.日南海岸の漁港
[pdf-embedder url=”https://shinkyou-con.com/wp/wp-content/uploads/2020/06/cfea038bb4f43c3fd292a58b38aa1969.pdf” title=”宮浦港営業資料”]
水中は、透明度に影響されますが、今回の実験では水深4m弱の海底まで取得することができました。

2.住吉海岸
[pdf-embedder url=”https://shinkyou-con.com/wp/wp-content/uploads/2020/06/9560e5fdc32b5caf1b991ef716b36551.pdf” title=”住吉海岸営業資料”]
グリーンレーザを使用すれば、海岸浸食の等高線も表示できます。

3.日南市富土
[pdf-embedder url=”https://shinkyou-con.com/wp/wp-content/uploads/2020/06/b5dbdb47456c4fab676344db68a65cca.pdf” title=”崩壊跡地営業資料”]
日南海岸の大規模崩壊した箇所です。風化により巨石が滑落するような危険な場所でも、ドローン搭載型だと人が立ち入ることなく測量が出来ます。

4.西都市征矢抜地区
[pdf-embedder url=”https://shinkyou-con.com/wp/wp-content/uploads/2020/06/5b52b95f0aa3e3a5049f8f53eec902da.pdf” title=”征矢抜営業資料”]
樹木のある箇所でも、枝や葉の隙間から地表面にグリーンレーザが到達し、断面の図化が出来ました。
又、樹高の測定も可能です。
光波による測量との所要日数を比較すると、75%削減することが出来ました。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次